SDGsとは

Sustainable Development Goals

持続可能な開発目標(SDGs)とは、すべての人々にとってよりよい、
より持続可能な未来を築くための青写真です。
貧困や不平等、気候変動、環境劣化、繁栄、平和と公正など、
私たちが直面するグローバルな諸課題の解決を目指します。
SDGsの目標は相互に関連しています。
誰一人置き去りにしないために、2030年までに各目標・ターゲットを達成することが重要です。

当社のSDGsへの取組

社会貢献活動

埼玉県「彩の国ロードサポート制度」「川の国応援団」に登録し、住み続けられるまちづくりに向け、地域の清掃美化活動を行っています。

また、埼玉県や他の自治体との協力に基づき、地震・台風等の災害時及び降雪時には、地域の安全確保のため、パトロールや応急復旧作業、除雪作業を行っています。

ペーパーレス化

電子化を開始したことにより、ペーパーレスに。
・社内会議 iPad使用
・受発注者間ASP(工事情報共有システム)導入

⇒導入後38%削減

エコカー購入補助金制度

ハイブリッド車・電気自動車等のエコカーを購入の社員に対し、会社より一部補助金を支給。

LED化

本社内の照明をLED化し、エネルギー使用料を削減。
 

寄付型自販機設置

フードドライブへの参加

SDGsに関わる当社の製品・サービス

生態系保全型底泥資源化システム

・池の水を抜かずに水質悪化の原因となる底泥を除去
・池の中や周辺の動植物に影響を与えない
・脱水土は育苗土として再利用可能

グリーンコントロール・エコシステム

・一般家庭から出たゴミ等の焼却灰を再利用した「アークサンド(k)」を敷き均し、雑草抑制する工法を開発。
・ 「アークサンド(k)」 は、寄居町にある『彩の国資源循環工場』内で、焼却灰を再利用した製品。

植物性コンクリート塗膜養生剤

・自然由来の大豆を原料とした「SoyShot-20」を開発
・100%植物系のため、人と地球にやさしい
・資源の枯渇もなく持続可能な製品

SDGsを定着させるために

社内発表会において啓発活動

現場看板において啓発活動

パートナーシップ構築宣言

初雁興業株式会社はサプライチェーン全体の付加価値向上、大企業と中小企業の共存共栄を目指し、発注者側の立場から、代表取締役社長関根勇治が宣言します

ページトップ

地元と共に成長し、地元を守る
初雁興業株式会社

Copyright ©hazkarikogyo Co. Ltd. All rights Reserved