環境事業
自然環境保全事業
陸地から流入する肥料や生活排水など、自然の浄化能力に対する負担の増大により、生態系のバランスが壊れ汚濁の進んでいる湖沼が多く見られ、アオコや赤潮の発生は悪臭も伴います。汚濁水域の浄化とアオコ問題解決のため、ジェットストリーマー、アオコキラーが開発されました。
底泥資源化システム
【概要】
河川・湖沼では、長年にわたる土砂や生活排水の流入により底泥が堆積しています。また、水を汚す原因となる窒素やリンなどの有機物が豊富な底泥は、水質悪化の原因となります。
  このシステムは、従来の方法と違い、池の水を抜かずに水質悪化の原因となる底泥を取り除き池底を綺麗にするものです。
 
【システムの特徴】
○生態系保全型のシステム   
鳥、魚、水生生物などの生息環境に大きな影響を与えず作業が行えます。

○資源利用
底泥は、清水、砂、脱水土に分別し再利用できます。
 
【システムの流れ】
@ポンプから底泥を汲みあげます。
A砂、ゴミを分別し、除去します。
B凝集剤(濁り水の濁りの元(粒子)を水中に沈めるもの)を投入し、分離します。
C濃縮槽にて、さらに濃く分離させ、清水は池に戻し、濃い底泥の部分は脱水機に送ります。
D濃度の濃くなった底泥を脱水処理します。



自然土舗装工法(エコグローブ)
【特 長】
自然の山砂や真砂土に、セメント系の固化材と保水材等を配合した舗装材で、植樹帯や法面の防草対策、園路や歩道の舗装に用います。透水性と保水性を備え、アスファルト舗装に比べ、表面温度が低くなるのが特長で、ヒートアイランド対策にもなります。又、使用後は細かく砕いて土に混ぜても環境への影響が少なく、そのまま残土として使用できます。

【エコグローブ工の効果】
1. 防草対策・・・・・・・・・ 中央分離帯、園路、法面などの雑草を防除します。
2. 防塵対策・・・・・・・・・ グランドの周囲や園路、歩道などのほこりの防止になります。
3. ぬかるみ対策・・・・・ 低地の園路や、歩道のぬかるみ防止になります。
4. 法面保護・・・・・・・・・ 法面の表層崩壊防止になります。
5. ヒートアイランド対策・・・ 都市部の歩道や屋上庭園などに使用すると、周辺温度の低下につながります。

 自然土舗装は、アスファルト舗装に比べ、表面温度が低くなります。特に降雨後はその差が顕著に表れます。
 これは、エコグローブによる舗装が有する物理特性によるもので、保水された水分の蒸発時の気化熱により、表面温度が低くなります。このことから、近年都市部におけるヒートアイランド現象が問題となっていますが、都市部の歩道、駐車場、ビル屋上庭園等に採用すれば、ヒートアイランド現象の緩和につながります。
下表に赤外線センサーによる、降雨後の表面温度測定結果をまとめました。温度分布画像は、温度スケールの違いに注意してご覧下さい。



降雨後温度データ
時刻
気温
湿度%
アスファルト表面温度
自然舗装表面温度
a
b
c
d
e
f
08:50
28.7
63.7
40.6
39.9
39.2
35.0
36.7
38.0
09:00
28.8
62.8
41.9
41.2
40.4
36.7
37.5
38.9
09:30
29.8
60.1
44.7
43.6
43.3
40.3
40.0
41.3
10:00
29.8
60.3
45.0
44.2
43.8
40.4
40.1
41.4
10:30
29.9
58.1
46.9
46.2
45.8
42.1
41.7
42.9
11:00
30.4
57.3
48.8
48.1
47.8
44.6
44.3
44.7
11:30
30.5
56.4
51.0
50.1
49.8
45.6
45.3
46.4
12:00
30.5
55.8
51.8
51.3
50.8
46.8
46.5
47.3
12:30
30.4
56.1
51.8
51.1
50.8
46.5
46.0
46.7
13:00
30.7
55.8
52.2
51.4
51.1
46.7
46.6
46.5
13:30
30.6
58.3
52.8
51.9
51.3
46.2
46.3
45.9
14:00
30.4
54.9
51.5
50.7
50.2
45.5
45.8
44.9
14:30
30.3
55.9
51.1
50.5
50.1
44.9
45.1
44.4
15:00
30.0
57.3
49.2
48.7
48.1
42.7
43.0
42.7
15:30
29.5
58.1
47.7
47.1
46.5
40.6
41.3
40.8
16:00
29.5
57.8
45.3
44.9
44.2
38.2
38.6
38.9
16:30
29.8
56.1
43.9
43.4
42.9
35.7
37.0
37.4
17:00
28.7
61.8
41.3
41.1
40.7
34.1
34.1
35.7
17:30
28.2
64.3
38.4
38.1
37.9
31.2
31.5
33.4
18:00
27.6
65.2
36.3
35.9
35.5
29.0
29.3
31.3
18:30
26.8
71.0
33.6
33.3
33.0
27.2
27.2
29.1
19:00
26.4
73.4
31.9
31.6
31.3
26.1
25.9
27.7
19:30
26.0
76.6
30.6
30.4
30.2
25.7
25.1
26.7
20:00
25.8
78.2
30.2
30.0
29.6
24.4
24.8
26.2
20:30
25.6
80.0
29.3
29.1
28.8
24.5
24.4
25.8
21:00
25.6
81.7
28.7
28.4
28.1
24.3
23.9
25.1
21:30
25.4
82.9
28.3
27.9
27.5
23.2
23.6
25.0
22:00
25.4
82.9
27.8
27.5
27.0
22.7
23.2
24.4
22:30
25.3
83.4
27.6
27.0
26.7
23.1
22.9
24.2
23:00
25.1
84.1
27.2
26.7
26.3
23.1
22.9
24.0
23:30
25.0
84.9
27.0
26.4
25.9
22.9
22.6
23.9
00:00
24.8
84.6
26.8
26.3
25.7
22.3
22.4
23.7
 
環境事業ISOについて生活環境設備保全事業自然環境保全事業
ISOについて 生活環境設備保全事業 自然環境保全事業